新作映画

あなたは結末を"誤訳"する。衝撃の謎解きインフェルノ出版秘話

実話!?映画9人の翻訳家 囚われたベストセラー監禁ミステリー

実話!?映画9人の翻訳家 囚われたベストセラー監禁ミステリー

Sponsored Links

むーたん
実話だったと聞いてビックリしてるなう
アリシア
本当にこういうことやっちゃうの…さすが海外って感じ

ここでは2020年1月公開・映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」の概要や予告動画をはじめ、原作、監督、主演に関するネタ・詳細情報をご紹介させていただきます。みんなの口コミや感想、合わせて観たいおすすめ作品などもありますので、ぜひチェックしてくださいね♪

VOD配信状況については、情報が確認でき次第お伝えします。

Sponsored Links

映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」概要・基本情報

映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」出典:GAGA Corporation / 9人の翻訳家 囚われたベストセラー(より引用)

映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」は監督レジス・ロワンサルによる、ダン・ブラウン原作の”とある小説”を海賊行為や違法流出から守るべく翻訳家を地下室に隔離したという実話ベースのスリラー映画です。

あらすじ

そこはフランスの人里離れた村にある”隔離”施設。ある夜、出版社社長の元に「金を払わなければ小説をネットで公開する」という脅迫メールが届く…

作品名 9人の翻訳家 囚われたベストセラー
公開年月 2020年1月24日
監督 レジス・ロワンサル
脚本 レジス・ロワンサル / ダニエル・プレスリー / ロマン・コンパン
製作 アラン・アタル
出演者 ランベール・ウィルソン / オルガ・キュリレンコ / アレックス・ロウザー
音楽 三宅純
製作国 フランス / ベルギー
配給 ギャガ

予告を観た感想と見どころを軽く考察。

むーたん
ダ・ヴィンチ・コードの時と同じゾクゾク感が背筋に走ったよ…!

本作は実話ベースということで完全なフィクションではないようですが、それでも実際にこのようなことが行われていたのかと思うと、さすが海外はやることが違うと驚かされますね。まさに囚人の如く仕打ち。

謎解き要素や殺人?(のような描写があった)要素で、ダ・ヴィンチ・コードの時のように最後の最後まで翻弄しつくされてしまいそうな、ドキがムネムネが止まりません…。

アリシア
なんで急にしんちゃんで表現した!?

これは「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズが好きな方はもちろん、ミステリーやサスペンス・ドラマが好きな方も必見です!

むーたん
隔離された翻訳家とか、もはやカッコイイ

元ネタや原作はある?監督は?主演は?映画に関するネタ情報

ここでは映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」に関する、ちょっとした豆知識、原作や監督、主演ネタなど、より詳細な情報をお届けします。

むーたん
ネタバレはないので安心してね!

本当にあった怖い話!?実話をもとにしたスリラー映画

本作は、「ダ・ヴィンチ・コード」をはじめとするダン・ブラウン原作の小説「ロバート・ラングドン」シリーズの第4作目である、あの「インフェルノ」出版の際、出版元が海賊行為や違法流出を恐れたことで遂行された”極秘ミッション”の実話がベースとなっています。

アメリカでは多額の金銭を目的としたサイバー攻撃が近年増加しており、あの「ゲーム・オブ・フローズン」や「パイレーツ・オブ・カリビアン / 最後の海賊」もその被害にあっています。

”極秘ミッション”は、著者であるダン・ブラウン氏の同意のもと「各国の翻訳家を地下室に隔離して翻訳を行なう」という、日本では考えられない異様なモノ。一体そこで何が起こっていたのか?あなたは本作でその答えを知ることになるでしょう。

場所はイタリアのミラノ近郊。外部との連絡は”不可能”

場所について映画では「フランスの〜」となっていますが、実話ではイタリアのミラノ近郊にある地下避難用シェルター付きの建物だったそうです。具体的な場所はわかりませんが、映画の撮影にあたり実際の場所は使われなかったようですね。

むーたん
さすがに実際の場所がバレるのはまずいか…

因みに、実際に小説「インフェルノ」翻訳版の出版権を得たのはイタリアの老舗出版社「モンダドーリ」です。ミラノの主要建築物として観光地としても紹介されています。

翻訳者は11人いた?どんな人たちだったの?

さらに、TV Sorrisi e Canzoniのインタビューによると実際そこにいた翻訳者は“11人”だったそうで、映画のタイトルを見れば分かる通り、これも実話とは異なる部分ですね。

翻訳期間は2ヶ月間。国籍は多種多様でイタリア人やフランス人・ブラジル人など。イタリア語やフランス語・ドイツ語などができる言語学者が集められていたのだとか。

尚、映画では翻訳家のひとりカテリーナ・アニシノバ(ロシア語)訳に映画「007 / 慰めの報酬」で非論を演じた女優オルガ・キュリレンコさんが演じています。

みんなの評価&評判・口コミ調査!全ては犯人の思うまま?ラストまでスリル満点!

映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」は2020年1月24日に初公開されました。インターネット上には試写会や劇場鑑賞者からの反響の声が続々と上がっています。

特に多かった「良い口コミ」は…

「巧みなトリックの数々や2転3転する終盤の展開にるハラハラする」

「密室サスペンスだと思ったら、意外と動きがあって楽しめた」

「一見していいなと思える高品質な映像や音楽。オシャレさがある」

「前半だけ観ると全翻訳家の胃が痛くなるような描写w」

「推理しても何度も裏切られ騙される心地よさがある」

その反面、目立っていた「残念な口コミ」は…

「可もなく不可もなく。悪くはない」

「もっとデスゲーム感とか謎解き要素がほしかった」

「映画の内容がどうかより、ポスターが作品の面白さを伝えられていない」

まとめると…

あらすじ通りに翻訳家が密室に閉じ込められそこで話が展開する…というわけではなく、しっかりと動きのあるストーリーと散りばめられた謎解き要素で常にスリルやスピード感を感じることのできる、一般人が観る推理モノ映画としては非常に楽しめる1作。

緊迫感のある中で多言語が飛び交うので、仏などの外国語がわかるとより楽しめる。ただし、最後の畳み込みが弱くラストシーンの後味は良くないと感じる人も。もう少しキャラクターに魅力があると良かったかも。

…といった評価&評判・口コミが見られました。

1つのミステリー作品としては十分に仕上がっており、ポスターや予告で得た最初の印象をしっかり裏切ってくれる良さがあるということで、誰が観ても楽しむことができる作品であることは間違いなさそうです。

唯一、推理モノ好きなコア層には物足りなさがあったご様子。綺麗に仕掛けられた伏線は素晴らしいけれど、”本格ミステリー”というには少し言い過ぎなところもあるので注意とのこと。

とは言っても「また最初から見直したくなるミステリー映画」としての口コミ評価は高かったので、最後の最後まで犯人に翻弄されたいミステリー好きの方はぜひ。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー公開前に観ておきたいおすすめ映画

ここでは、映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」の公開前に是非とも観ておきたい!おすすめ映画をピックアップしました。映画「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」をより楽しむための参考になれば幸いです。

むーたん
時間がある方はぜひ♪

ダ・ヴィンチ・コード

映画「ダ・ヴィンチ・コード」は、2006年5月に全世界で同時公開されるとまたたく間にヒット作となった、ダン・ブラウンの小説「ダ・ヴィンチ・コード」を原作のミステリー・サスペンス映画です。

批評家からは酷評を受けましたが、ルーヴル美術館で撮影が許可された初の映画であり、記録的な興行収入も達成します。日本ではフジテレビにて3度の地上波放送も行われました。

天使と悪魔

映画「天使と悪魔」は、ダン・ブラウンの同名小説「天使と悪魔」を原作とした映画「ダ・ヴィンチ・コード」の続編にあたる作品です。原作の「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズとは時系列が異なっており、オリジナル要素も加わっているため、小説も合わせて読んでみると、より楽しめるかと思います。

インフェルノ

映画「インフェルノ」は、ダン・ブラウンの同名小説「インフェルノ」を原作とした映画「ダ・ヴィンチ・コード」及び「天使と悪魔」の続編にあたる作品です。

本作(9人の翻訳家 囚われたベストセラー)を観るにあたり、「インフェルノ」がどのような作品か気になる方は、本作の観賞前か後に、シリーズを最初から視聴されることをおすすめします。

アリシア
本作はシリーズ続編ではないので、映画「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズを見ていなくても問題はないよ!

Sponsored Links