新作映画

世紀のベストセラー!CROOKED HOUSE衝撃ミステリー

映画アガサ・クリスティーねじれた家キャスト&原作や上映館情報

映画アガサ・クリスティーねじれた家キャスト&原作や上映館情報

Sponsored Links

アリシア
ミステリーって原作を読むかどうか迷うよね。だって犯人わかっちゃうしー
むーたん
そうだねぇ。僕は読んじゃうけど、君は原作読む派?読まない派?

世紀のベストセラー作家「アガサ・クリスティー」の「ねじれた家」が、長い時を経てイギリスで初の映画化!いよいよこの春、日本にも上陸!「アガサ・クリスティー ねじれた家」のあらすじ予告や主演キャスト、見所(みどころ)を知りたい方は、当ページをぜひチェックしてくださいね♪

Sponsored Links

映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」概要情報

アガサ・クリスティー ねじれた家出典:©2017 Crooked House Productions Ltd. / アガサ・クリスティーねじれた家(より引用)

1920年に推理作家としてデビューして以来、現在に至る100年間で約20億冊もの売り上げを記録した、世紀のベストセラー作家「アガサ・クリスティー」。彼女自身が”最高傑作”だと誇る、ミステリー小説「CROOKED HOUSE(原題 / 1949年発表)」が、70年の時を経て、邦題「アガサ・クリスティー ねじれた家」として初の映画化。

【あらすじ】この事件には不可解な点がある…。私立探偵・チャールズは、元恋人ソフィアから捜査依頼を受ける。ロンドン警察と共に屋敷に到着すると、そこには3世代にわたる”曲者だらけの一族”が勢ぞろいしていた。

作品名 アガサ・クリスティー ねじれた家
公開年月 2019年4月19日
監督 ジル・パケ=ブレネール
原作(原題) Crooked House
脚本 ジュリアン・フェロウズ / ジル・パケ=ブレネール / ティム・ローズ・プライス
出演者 グレン・クローズ / テレンス・スタンプ / マックス・アイアンズ / ステファニー・マティーニ / ジリアン・アンダーソン / クリスティーナ・ヘンドリックス
製作国 イギリス
配給 KADOKAWA

予告を観た感想と軽く考察。闇深そうな一族の足の引っ張り合い?

滑り出しからとりあえず「闇深っ」とツッコまずにはいられない。もしかしてティム・バートン監督ですか?と言いたくなるような、終始ダークな予告編。

途中、「強欲」「嫉妬」「怒り」「愛」といったワードが登場し、「7つの大罪」が絡んでいるのか?ともとれる。その先の展開をなんとなく彷彿とさせるクオリティの高い映像で、巧みに作り込まれていそうな雰囲気。このミステリーは期待できそうです。

犯人がこの中にいる筈なんだけど、「意外な人物」って、もしかして自分の好きな人が…犯人!?それとも、この子?とにかく全員、個性強そうだなぁ。よくこんな曲者役者を集めたなぁ監督…。(良い意味で)

映画化って予告見て「イマイチ」と感じる作品多いのですが、これは正直言って面白そう。やっぱりアガサ・クリスティーだから?海外製だから?

ただ、クオリティは高いけど、海外ってリメイク凄いから、もしかしたらストーリーの途中から原作と全然違う展開がありえそう。この辺りは疑って掛かります。(意外と原作そのまんまだったらどうしよう…w)

原作は「ミステリーの女王」アガサ・クリスティーによるベストセラー作品

原作は「ミステリーの女王」アガサ・クリスティーによるベストセラー作品「アガサ・クリスティー ねじれた家」は、イギリスの女流作家アガサ・クリスティによって1949年に発表された推理小説「CROOKED HOUSE(原題)」です。

「アクロイド殺し」「オリエント急行の殺人」「そして誰もいなくなった」などの推理小説を発表し、それらの多くは世界的なベストセラーに。アガサ・クリスティーは「ミステリーの女王」と称されました。

アガサ・クリスティーは幼少期、自身の母に正規の学校へ通うことを許されず、非常に独特な教育を受けて育ちます。結果としてそれは教養を深めるに至り、彼女の人格形成の一部となりました。戦時中に生きた彼女は、後に薬剤師の助手として勤務。「ねじれた家」に登場する“毒薬”に関する知識は、そこで培ったと言われています。

参考:ウィキペディア(Wikipedia)

監督:ジル・パケ=ブレネール、脚本:ジュリアン・フェロウズがタッグを組む!

監督:ジル・パケ=ブレネール、脚本:ジュリアン・フェロウズがタッグを組む!監督は、これまでヒューマンドラマやサスペンス作品を手がけてきた、ジル・パケ=ブレネール氏。代表作「サラの鍵」で、歴史モノとしての高い評価を受けています。

そして脚本はジュリアン・フェロウズ氏が担当。「ゴスフォード・パーク」でアカデミー賞・脚本賞を受賞し、TVシリーズ「ダウントン・アビー」で大ヒット、その他「悪女」や「ツーリスト」など、日本でも有名な映画作品を数多く手掛けてきた、凄腕の脚本家です。

ねじれた家族を演じるキャスト・登場人物は誰?

ねじれた家族を演じるキャスト・登場人物は誰?ゴージャスでスキャンダラスな”ねじれた一族“を演じるのは、こちらも超豪華な俳優&女優キャストたち。英国の気品溢れる上流階級層と、それぞれの内に秘めた”愛情”と”増悪”を、見事に演じきります。

イーディス・デ・ハヴィランド:グレン・クローズ

大富豪・レオニデスの亡き前妻の姉。一族を取り仕切る大伯母。

演じるのは、女優グレン・クローズ。「天才作家の妻 -40年目の真実-」でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞・主演女優賞にノミネートされた稀代の名女優です。

タヴァナー主任警部:テレンス・スタンプ

捜査を仕切る、ロンドン警視庁の主任警部。

演じるのは、「コレクター」の誘拐犯役としてカンヌ国際映画祭・男優賞を受賞、「ゲット スマート」で悪役スパイなどを演じた名優、テレンス・スタンプ。

チャールズ・ヘイワード:マックス・アイアンズ

本事件の真相を追う私立探偵・外交官。ソフィアの元恋人。

演じるのは、「天才作家の妻-40年目の真実-」に出演したマックス・アイアンズ。女優グレン・クローズとは2度目の共演となります。

ソフィア・レオニデス:ステファニー・マティーニ

大富豪・レオニデスの孫娘でありフィリップの長女。チャールズの元恋人。

演じるのは、ジュリアン・フェロウズ脚本「Doctor Thorne(原題)」でブレイクした、今まさに乗りに乗った若手女優、ステファニー・マティーニ。

フィリップ・レオニデス:ジュリアン・サンズ

大富豪の祖父・アリスタイドの次男。ソフィアの父親である。

演じるのは、「オーシャンズ13」や「ドラゴン・タトゥーの女」など数多くの映画に出演している美形英国俳優として人気のジュリアン・サンズ。「ホンダ買うボーイ」のキャッチコピーで有名な、ホンダのプリモ店・ベルノ店のCMにも出演していました。

ジョセフィーン・レオニデス:オナー・ニーフシー

フィリップの次女でありソフィアの妹。

演じるのは、「クリスマス・プリンス」シリーズ、「マイ・ベスト・フレンド」と言った映画に出演した女優、オナー・ニーフシー。

ロジャー・レオニデス:クリスチャン・マッケイ

大富豪の祖父・アリスタイドの長男。

演じるのは、俳優クリスチャン・マッケイ。「僕と彼女とオーソン・ウェルズ」「ラッシュ/プライドと友情」などに出演しました。

クレメンシー・レオニデス:アマンダ・アビントン

アリスタイドの長男・ロジャーの妻。

演じるのは、「ザ・ビル」「ザ・ロビンソンズ」などのTVシリーズで活躍している女優アマンダ・アビントン。人気TVドラマ「SHERLOCK」にて、最優秀助演女優賞なども受賞しています。

マグダ・レオニデス:ジリアン・アンダーソン

アリスタイドの次男・フィリップの妻であり、長女ソフィアの母親。

演じるのは、「X-ファイル」で知的な捜査官スカリー役を演じ、一躍有名となった女優ジリアン・アンダーソン。ジブリ映画好きで宮崎アニメの大ファンとしても有名です。

ブレンダ・レオニデス:クリスティーナ・ヘンドリックス

大富豪・アリスタイドの後妻。とある人物と不倫している。

演じるのは、「マッドメン」のジョーン・ホールウェイ役で多くの男性を魅了したあの、クリスティーナ・ヘンドリックス。2019年7月公開(日本)の「トイ・ストーリー4」にて、声優も務めています。

どこで観れる?上映館&みんなの反応:有名小説に大興奮!!

小説ミステリ好きには外せないアガサ・クリスティーの最高傑作とあって話題になっているようですが、日本国内では上映劇場が少ないとの声も。

映画が気になるという方はこちらからお近くの公演劇場をご確認の上、ぜひ映画館で楽しんでくださいね!

本作の見所(みどころ)。その手を巧みにすり抜けてゆく犯人を暴け!

本作の見所(みどころ)。その手を巧みにすり抜けてゆく犯人を暴け!予告編から予測する、映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」の見所は4つ。終始ドキドキハラハラが止まらない!個性豊かな容疑者たちが凝り広げる、人間の内に潜む醜い嫉妬・残虐行為。巧みに隠された真実に、息を呑まずにはいられない正統派ミステリー。

  1. 一家全員に殺人動機あり。物語が進むごとに二転三転していく犯人像
  2. “ねじれた”愛情が生み出した衝撃的な家族の人間関係
  3. 真相へ近づく推理!重ねられる殺人の犠牲者と意味するところ
  4. 「まさか?!」誰もが驚いた”真犯人”の殺人理由とラストシーン

殺人を犯すだけの「人格」と実行する「動機・度胸」を備えているのは誰か?全員が疑わし過ぎる一家に、あなたは1秒たりともその目を反らすことは出来ないでしょう。

ミステリ好きたちも“やられた”衝撃の真犯人をあなたは見抜けるかな?

ミステリ好きたちも“やられた”衝撃の真犯人をあなたは見抜けるかな?

原作・推理小説「CROOKED HOUSE(原題)」を既に読み終えたという、日本のミステリ好きたちも“やられた”という衝撃の真犯人。そこへ畳み掛ける、騒動の結末に”絶句”する…。

ズルい手は一切なし。シンプルでいて”これぞクリスティーの典型”とも言える、良質なミステリー映画!

あなたも映画を観ながら、私立探偵・チャールズと共に真相を推理してみませんか?

Sponsored Links