新作映画

人生に大切なことって何?家族の絆や再生を描くヒューマンドラマ

映画「僕に、会いたかった」主題歌はEXILE?ロケ地キャスト調査

映画「僕に、会いたかった」主題歌はEXILE?ロケ地キャスト調査

Sponsored Links

アリシア
TAKAHIROさんが主演だよ!全国のファンが発狂しないか心配だよね!?
むーたん
そう言えば、これまでの出演作とは少し異なる役柄だね(あーたんわかりやすいなぁ…

映画「わさお」「たたら侍」などを手がけてきた錦織監督が、人気俳優を主演に迎え、今度は家族の“絆”・“再生”を描いた映画「僕に、会いたかった」のメガホンをとりました。一体どの様な物語となっているのか?あらすじ感想やキャスト、ロケ地などご紹介します。

Sponsored Links

映画「僕に、会いたかった」概要・基本情報

映画「僕に、会いたかった」出典:(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 / 僕に、会いたかった(より引用)

人気音楽グループEXILEのTAKAHIROが映画単独初主演を務めた、映画「僕に、会いたかった」は、ある一人の男の人生に焦点を当てた“家族再生”のヒューマンドラマです。

【あらすじ】激しい嵐が吹き荒れる海に一隻の船。そこには何かに苦しむ男が一人。嵐は容赦なく船を揺らし…

作品名 僕に、会いたかった
公開年月 2019年5月10日
監督 錦織 良成
脚本 錦織 良成 / 秋山 真太郎
製作総指揮 EXILE HIRO
出演者 TAKAHIRO / 山口 まゆ / 板垣 瑞生 / 柴田 杏花 / 浦上 晟周 / 小野 花梨 / 黒川 芽以 / 秋山 真太郎 / 小市 慢太郎 / 松坂 慶子
曲・主題歌 浜田真理子「天使のはしご」

予告を観た感想と軽く考察。松坂慶子さんの優しいセリフにグッとくる

個人的な印象ですが、ジブリの「レッドタートル」を思い出させる始まり…笑(モノは全く異なる作品です)。また。舞台が「島」という点や、どのシーンにも共通する穏やかな雰囲気に、故郷の懐かしさを感じました。

ストーリー全体に大きな波(見せ場)がある様には見えませんでしたが、ヒューマンドラマということもあり、淡々と過ぎ行く日々の中に、島で暮らす主人公と、主人公に関わる人々、それぞれの人生観が、しっかりと描かれているのではないか?との印象も受けました。

そして何より、「主人公に一体何があったのか?」とても気になる予告でした。なんとなく、悪さをしてしまったのでは?と匂わせるセリフなんかもあり、観る者の想像力を書き立ててくれます。キャストの話し方や表情も雰囲気があって結構好きです。

人生って、頑張っていても中々思う様にいかなかったりして、逃げ出してしまうこともあ理ますよね。けれど、家族や友達、周りの人々の支え(絆)があれば、そんなデコボコの人生も、最終的には乗り越えていけるのかもしれない。

映画「僕に、会いたかった」は、人間のリアルな“人生”そのものに、フォーカスを当てて制作されているのではないでしょうか。

あなたがもし今、学校に疲れた、仕事に疲れた、家族に疲れた、恋愛に疲れた、、何かに“疲れた”と感じているならば、本作が、これまでの人生を振り返るきっかけになるかもしれませんよ。

アリシア
ヒューマンドラマって凄くリアルだから、自分の人生と重ねてしまうことあるよね。私もお仕事や人間関係で辛かったりするけど、友達や家族がいるから頑張れるんだっ!

主要キャスト紹介・主演はEXILEのTAKAHIROさん!

EXILEのTAKAHIROが映画単独初主演となることで注目を浴びていますが、その他にも、松坂慶子さんや板垣瑞生さんなど、豪華キャストが勢揃い。それぞれの役が織りなすヒューマンドラマはどんな風に仕上がったのでしょうか?公開前から胸が高鳴ります♪

池田徹(いけだ てつ):TAKAHIRO

池田徹を演じるのは、歌手/俳優として活躍するTAKAHIRO(たかひろ)さん。EXILE、ACE OF SPADESのボーカルでもあります。映画は本作が単独初主演となっており、2019年9月に公開される映画「3人の信長」の主演(甲 役)も決定しています。

池田信子(いけだ のぶこ):松坂慶子

池田信子を演じるのは、女優/歌手などで活躍する松坂慶子(まつざか けいこ)さん。代表作「夜の診察室」「藍より青く」「ベトナムの風に吹かれて」など。

木村めぐみ(きむら めぐみ):山口まゆ

木村めぐみを演じるのは、女優・山口まゆ(やまぐち まゆ)さん。代表作「くちびるに歌を」「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」「雪女」など。

横山愛美(よこやま あいみ):柴田杏花

横山愛美を演じるのは、女優・柴田杏花(しばた きょうか)さん。代表作「瀬戸内海賊物語」「くちびるに歌を」「咲-Saki-」など。

福間雄一(ふくま ゆういち):板垣瑞生

福間雄一を演じるのは、俳優/歌手として活躍する板垣瑞生(いたがき みずき)さん。代表作「アオハライド」「ソロモンの偽証」ドラマ「精霊の守り人」シリーズなど。

山内武(やまうち たける):浦上晟周

山内武を演じるのは、俳優/タレントとして活躍する浦上晟周(うらがみ せいしゅう)さん。代表作「恋妻家宮本」「トモダチゲーム」ドラマ「家族ゲーム」など。

永見千夏(ながみ ちなつ):小野花梨

永見千夏を演じるのは、女優・小野花梨(おの かりん)さん。代表作「チーム・バチスタの栄光」「人狼ゲーム ビーストサイド」「エイプリルフールズ」など。

池田由紀子(いけだ ゆきこ):黒川芽以

池田由紀子を演じるのは、女優・黒川芽以(くろかわ めい)さん。代表作「問題のない私たち」「怪談新耳袋 劇場版 幽霊マンション」「美人が婚活してみたら」など。

坂本雄太(さかもと ゆうた):秋山真太郎

坂本雄太を演じるのは、俳優・秋山真太郎(あきやま しんたろう)さん。劇団EXILEのメンバーでもあります。代表作「RHYTHM」「乱暴者の世界」「HiGH&LOW THE MOVIE」など。

門脇大(かどわき だい):小市慢太郎

門脇大を演じるのは、俳優・小市慢太郎(こいち まんたろう)さん。代表作「リング」「るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編」「パーフェクトワールド 君といる奇跡」など。

主題歌は浜田真理子「天使のはしご」…EXILEは?

主題歌は浜田真理子「天使のはしご」…EXILEは?

EXILEのメンバーが出演ということで、主題歌も…?と期待した方も多いと思いますが、本作でEXILEが歌うことはないようです。「では誰が?」と気になる主題歌ですが…

映画「僕に、会いたかった」の主題歌に決定したのは、浜田真理子(はまだ まりこ)さんが歌う「天使のはしご」。まるで、夕暮れ時の太陽の光の様に優しいピアノと歌声は、故郷を思い起こさせる、ノスタルジックな楽曲に仕上がっています。

「天使のはしご」とは、雲のすき間から太陽光線が放射状に地上へ降り注ぐ様子、薄明光線(はくめいこうせん)のこと。舞台が「島」ということもあり、自然の美しいシーンも合わせて観られるかもしれません。

浜田真理子さんとは?

島根県出身のミュージシャンです。1998年に発売した1stアルバム「mariko」は、マスコミに取り上げられると即完売。CDショップの試聴器でロング・ヒットするなどし、人気を博しました。

2018年11月にはカバー・アルバム「LOUNGE ROSES-浜田真理子の昭和歌謡」を発表しています。

ロケ地は「隠岐の島」国立公園にもなった大自然が魅力の地!

ロケ地は「隠岐の島」国立公園にもなった大自然が魅力の地!

予告でも美しい風景が非常に印象的だった本作のロケ地は、地方再生の成功例としても注目を浴びた、島根県にある隠岐の島(おきのしま)。人気の観光スポットでもあります。

人口は全島合せて約21,000人程で、昭和38年には「大山隠岐国立公園(だいせんおきこくりつこうえん)」に指定された、自然豊かな島です。

隠岐の島は、大小約180を超える島で構成された群島で、島前三島と呼ばれる、知夫里島(知夫村)、中ノ島(海士町)、西ノ島(西ノ島町)、島後(隠岐の島町)の、4つに分けらており、映画の撮影は2018年春頃、主に隠岐の島にて約3週間行われたそうです。

また、劇中で登場する高校は「島根県立隠岐島前高等学校」。地域創生の一翼を担う高校として「グローカル人材」育成を掲げ、交換留学などが活発に行われている学校です。

以前は廃校寸前だったのが、今では日本・海外の両方から生徒が集まる人気の高校として、お茶の間でも話題となりましたよね。

そんな日本国内でも激アツ・スポットの隠岐の島ですが、なんと“映画館が一つもない”のだとか。せっかく映画の舞台になったのに、本土(島根県)まで行かなきゃ映画が観れないなんて…なんとも言えない悲しい気持ちになったのは、筆者だけではない筈。

見所(みどころ)予測。本土にはない隠岐の島“らしさ”にも注目

見所(みどころ)予測。本土にはない隠岐の島“らしさ”にも注目

まず、映画単独初主演主演となるEXILE・TAKAHIROさんはこれまで、「HiGH&LOW」シリーズや「ワイルド・ヒーローズ」など、“ワイルド”系のキャラクター出演が多かったですよね。

しかし本作では、「田舎で暮らす心に傷を負った男」と、これまでとは一風異なるキャラクターに挑まれます。その演技には、我々もシッカリ注目しておきたいところ。

さらに、舞台が「隠岐の島」とあって、自然をフル活用したシーンや、交換留学生の存在などが、見どころとなってくると思われます。

  1. 主演、EXILE・TAKAHIROさんによる演技
  2. 物語の魅力を引き出す豪華キャスト陣
  3. 隠岐の島の美しい風景や生活、時の流れ
  4. 一体何が?主人公の“過去”が明かされるシーン
  5. 人生を考えさせる?人間ドラマの終着点(ラスト)

心の温もりを思い出させてくれるシーンに胸が熱くなる

心の温もりを思い出させてくれるシーンに胸が熱くなる

都会で暮らしていると忘れがちな“他人の優しさ”そして“自分自身の心の豊かさ”。映画に登場する、穏やかな暮らしや画面越しに感じた人々の心の豊かさも、もしかしたら“島”ならではなのかもしれない。予告を観るだけでも、温かい気持ちになれるのは間違いありません。

映画「僕に、会いたかった」は、“忙しい”が口癖になってしまった私たち日本人に、一時の休息を与えてくれる映画なのかもしれません。

アリシア
人生に疲れた時は、ジブリかヒューマンドラマだよね
むーたん
そ、そうなの?あーたん変わってるね??

Sponsored Links