新作映画

第34回日本アカデミー賞!今作はバイオテロ×バトルアクション

名探偵コナン天空の難破船(ロスト・シップ)あらすじ&基本情報

名探偵コナン天空の難破船(ロスト・シップ)あらすじ&基本情報

Sponsored Links

アリシア

天空の難破船って、なんかラピ●タみたいな名前だね☆

むーたん
(汗)…そうそう、この作品はコナンファンからかなり人気があるんだよ!

ここでは、2010年に公開された「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」の概要、あらすじ、登場キャラクター、主題歌や犯人が使った銃の種類など、基本的な情報をご紹介します。

Sponsored Links

映画「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」概要・基本情報

劇場版「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」出典:©2010 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 / 名探偵コナン天空の難破船(より引用)

「名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」とは、2010年4月17日に公開された名探偵コナン劇場版シリーズ第14作目にあたり、第34回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した作品です。

劇場版シリーズで「怪盗キッド」が登場する映画は、第3作「世紀末の魔術師」、第8作「銀翼の奇術師」、第10作「探偵たちの鎮魂歌」と合わせ、本作で4作目となります。

【あらすじ】いつも通りお家でテレビを観ていたコナン。するとなんだか物騒なニュースが飛び込んできて…!?

作品名 名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)
公開年月 2010年4月17日
興行収入 32億円
監督 山本 泰一郎
原作 青山 剛昌
脚本 古内 一成
出演者 高山 みなみ / 山崎 和佳奈 / 小山 力也 / 山口 勝平 / 林原 めぐみ / 緒方 賢一 / 堀川 りょう / 松井 菜桜子 / 茶風林 / 岩居 由希子 / 高木 渉 / 大谷 育江
音楽 大野 克夫
主題歌 GARNET CROW「Over Drive」

映画を観た感想と批評(レビュー)【満足度4 ★★★★☆】

むーたん
僕(中の人)が感想とか諸々お伝えするよー!

ズバリ、過去のコナン映画シリーズを観てきた方ならば、本作には「期待を裏切ってくる面白さ」があります。特に、あなたがコナン世代の方なら観てまず損はありません。(筆者はコナン世代なので、コナンというだけで視聴前からワクワクしてしまいます。笑)

ストーリーの伏線の張られ方や、これまでおなじみであった“あの”クイズの出現場所、割と序盤で明かされる宿敵の存在や、その後、驚くほどテンポ良く進展する物語。徐々に事件の謎が分かってくると「え、あの時のあれも?それも!?」と、こちらもノンストップで心踊らされまくります。

ただ、「1点だけ」どうしても(筆者的には)「そういうオチかぁ…」という気持ちになってしまう場面がありました。

どこでそんな気持ちになってしまったのかというと、犯人の目的が明かされる、いつも本当にワクワクさせられるシーンでのこと。ストーリーは二転三転あって面白いのですが、どうしてもその目的に、これといった“パンチがない”。

例えば、料理番組で「隠し味は塩胡椒です!」と、三ツ星シェフからドヤ顔で言われた時のような、あの拍子抜け感。登場が派手だった分、「なんだお前も所詮パンピーか(表現悪くてすみません)」と、少し残念な気持ちになりました。(あくまでも筆者の感想です)

面白いよ、面白んだけど、、、あと一歩。あとほんの少しが惜しい…。嗚呼、こそばゆい。コナン・ドイルやらアガサ・クリスティーといったミステリー好きとしては、オチにもう少しガッツリ意外性や複雑な面があっても良かった。

とは言っても、子供の視点から視れば、本作は“100点満点”な気がします。程よい謎解きや驚きのあるストーリーに、みんなの大好きなコナンと怪盗キッドが大活躍。蘭や灰原もしっかり可愛い。自分が小学生の時にこの作品を観ていたら、相当お腹いっぱいになっていたのではないかと思います。

何れにしても、映画全体の評価としては“とても見応えのある作品”でした。

最も心に残ったシーンと作品をより楽しむポイント2つ

ちなみに本作、怪盗キッドが主役の漫画orアニメ「まじっく快斗」を知っていると、ラストのとあるシーンでの“有名なセリフ”の意味が理解できます。筆者はこのシーンが一番心に残っていて、映画として独立させつつも、ちゃんと漫画と繋げてきている点に関心しまくりました。

さらに、毛利小五郎の声優が神谷明さんから小山力也さんへバトンタッチした頃に制作されているため、毛利小五郎の出番やセリフ(声)にも注目しながら観ると、一段と楽しむことができますよ。

本作のオリジナルキャラクター・登場人物

続いては、名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)で初登場した、オリジナルキャラクター・登場人物をご紹介します。

また本作は、当時子役として活躍されていた「大橋のぞみ」さん(現在は芸能界を引退)が、声優として参加された貴重な作品でもあります。大橋のぞみさんは、遠山和葉の親戚の少年・川口聡役として登場しました。

テロ組織

リーダー:
テロ組織のリーダー。冷徹な性格をしている髭を蓄えた強面の男。

テロリスト:
テロ組織のメンバー。「CAT - A、B、C、D、E、F」と、コードネームで呼び合う。女性メンバーについては、女優・優木まおみさんがゲスト声優として参加している。

ベル・ツリーI世号の乗客

藤岡 隆道(ふじおか たかみち):
世界中を周っているルポライター。鈴木次郎吉VS怪盗キッドの取材をしていた。

水川 正輝(みずかわ まさき):
日売テレビディレクター。鈴木次郎吉VS怪盗キッドの中継指揮をしていた。

西谷 かすみ(にしたに かすみ):
番組製作会社レポーター。

石本 順平(いしもと じゅんぺい):
番組製作会社カメラマン。

浅野 光洋(あさの みつひろ):
ベル・ツリーI世号の客室乗務員。船内でコナン一行を案内したクールな接客のプロ。

ベル・ツリーI世号の乗務員

ウェイター:
ベル・ツリーI世号の男性乗務員。

ウェイトレス:
ベル・ツリーI世号の女性乗務員。

作業員:
ベル・ツリーI世号の男性作業員。

警察関係者

宇野 忠義(うの ただよし):
警視庁刑事部・参事官。

鹿角 剛士(しかつの つよし):
奈良県警捜査三課・警部。名探偵コナン原作者の青山剛昌がキャラクター原案を担当。スマホゲーム「名探偵コナン 奈良旅情ミステリー」にも登場している。

ヘリコプター操縦士:
変装した怪盗キッドの指示でヘリコプターを操縦。

細菌学関係者

太田 千秋(おおた ちあき):
研究所の女性細菌学者。

研究員:
研究所の研究員。

その他のキャラクター

川口 聡(かわぐち さとし):
遠山和葉の親戚の少年。推理が得意で服部平次のサポート役を買ってでる。大橋のぞみさんがゲスト声優として参加している。

住職:
豪福寺の住職。

ニセ警官:
警官に変装した赤いシャム猫のメンバー。

アナウンサー:
太田千秋(女性細菌学者)にインタビューをしていた女性アナウンサー。

主題歌「Over Drive」とGARNET CROWの現在

本作の主題歌は、GARNET CROW(ガーネットクロウ)が歌う「Over Drive」。女性ボーカルの温かく優しい声にリズミカルなメロディーが、映画のラストシーンを華やかに盛り上げてくれます。晴天の日のドライブなんかにも、ぴったり合いそうな曲です。

GARNET CROWとは?

GIZA studioに所属する日本の男女4人組バンド。残念ながら、2013年6月9日の最終ライブをもって解散しています。

本作の見所(みどころ)「ぶったね!?(しかも割と強めに!涙byファン)」

名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)の見所は次の5つ。特に、事件が解決し気が抜ける最後のシーンは油・断・禁・物。絶対に“アレ”を見逃さないように注意してください。

  1. ライバル同士の助け合い&共闘シーン
  2. 真犯人の目的と謎が暴かれるシーン
  3. 「ぶったね!?(ファン驚愕)」シーン&ラブコメ(何があった!)
  4. ゲスト声優&世代交代した声優の登場シーン
  5. あの有名セリフがつぶやかれるシーン(意外と一瞬)

展開は早いけどソレなりに楽しめる&怪盗キッド好きには特におすすめ

本作は、かなり色んな展開が盛り込こまれているので、ゆっくり見ていると、早過ぎてついていけなくなってしまうかもしれません。

ただその分、1つ1つのシーンにキレやスピード感があり、犯人を追い込むアクションシーンなどは、非常に楽しめるかと思います。キャクターたちのアクロバティックな動きに注目です。

最後の最後まで、視聴者を「ウワァアああああ!!!?!!」と、ハラハラドキドキさせてくれる要素が用意されており、見飽きることもありません。あなたが怪盗キッド好きなら、これまでの映画とは少し違った、新鮮な姿も見られますよ♪

みんなが選ぶ、名探偵コナン劇場版シリーズ人気作の中でも常に上位にランクインしている作品でもあるので、興味を持たれた方はぜひ視聴してみてくださいね。

Sponsored Links