新作映画

Love Letterの"答え"手紙に込めた岩井監督の集大成

映画ラストレター主題歌に森七菜抜擢!松たか子主演初恋ロマンス

映画ラストレター主題歌に森七菜抜擢!松たか子主演初恋ロマンス

Sponsored Links

アリシア
「Love Letter」「花とアリス」など、数々の名作を送り出してきた岩井俊二監督の2020年最新作だよ!
むーたん
主題歌には作品出演も果たしている森七菜さんが抜擢…!?

ここでは2020年1月公開・映画「ラストレター」の概要や予告動画をはじめ、原作、監督、主演に関するネタ・詳細情報をご紹介させていただきます。みんなの口コミや感想、合わせて観たいおすすめ作品などもありますので、ぜひチェックしてくださいね♪

VOD配信状況については、情報が確認でき次第お伝えします。

Sponsored Links

映画「ラストレター」概要・基本情報

映画「ラストレター」出典:東宝 / ラストレター(より引用)

本作は、監督・岩井俊二さん初の長編映画「Love Letter」に対するアンサー映画となっており、自身の原体験が詰め込まれた集大成となっています。また、監督の故郷である宮城県が初の舞台として選ばれました。

あらすじ

裕里の姉は学生時代、学校のヒロインだった。そんな彼女が突然亡くなった。残されたのは、姉宛ての同窓会の案内と1通の手紙。そして…

作品名 ラストレター
公開年月 2020年1月17日
監督 岩井俊二
原作 岩井俊二「ラストレター」
脚本 岩井俊二
製作 川村元気(企画・プロデュース) / 水野昌 / 臼井真之介
出演者 松たか子 / 広瀬すず / 庵野秀明 / 森七菜 / 小室等 / 水越けいこ / 木内みどり / 鈴木慶一 / 豊川悦司 / 中山美穂 / 神木隆之介 / 福山雅治
音楽 小林武史
曲・主題歌 森七菜「カエルノウタ」
製作国 日本
配給 東宝

予告を観た感想と見どころを軽く考察。岩井監督、ロマンティック過ぎます…。

まさに「美化された思い出」の如く、美しいピアノの旋律と共に美男美女が登場。観ているだけでなんだかうっとりさせられる予告動画です。

むーたん
ま、松たか子さーん!!ナチュラル美しいっ(※ファン)
アリシア
広瀬すずさんに神木隆之介さん福山雅治さんと、とにかくキャストが豪華だよね!

また、動画は30秒程度の非常に短いモノにも関わらず、その中に作品の見どころとなってくるであろう”謎解き・ミステリアスな部分”が、登場人物のセリフの中にしっかり盛り込まれています。観ただけで「今すぐ観たい!」という気持ちにさせられる予告動画です。

近年廃れてきている、手紙や学生時代のちょっとした小道具表現なども、今の30代や40代の胸に刺さる懐かしさを感じさせるのではないでしょうか。ただの夢物語ではなく、リアリティのあるロマンチックさに非常にグッときました。

むーたん
手紙なんて今ではほとんど書くことないから、ちょっとした小物にワクワクしちゃう
アリシア
学生時代の恋愛って甘酸っぱく切なくて、、自分のはあまり思い出したくないけどね

元ネタや原作はある?監督は?主演は?映画に関するネタ情報

ここでは映画「ラストレター」に関する、ちょっとした豆知識、原作や監督、主演ネタなど、より詳細な情報をお届けします。

アリシア
ネタバレはないので安心してね!

オーディションに強い女優・森七菜。役作りに松たか子を観察?

2016年デビュー以来「オーディションに強い女優」として注目を浴びた森七菜さん。今回の配役もオーディションにて射止めたそうです。

しかしオーディション中の質疑応答では、岩井監督に微妙な質問をしてしまい「落ちた」と思っていたとか。オーディションに強い女優・森七菜さんでも、やはり不安なものは不安なのですね。

配役決定後は、本作主演である松たか子さんのしゃべり方や仕草の研究に勤しみ、監督はじめ出演者たちを驚かせた模様。逸材と言われる裏で相当な努力がかいま見えますね!

突然、スマホが壊れてしまったら?手紙をテーマにした作品をもう一度。

岩井監督は過去にも「Love Letter」「リトルレター」と言った”手紙”を題材とした作品を世に送り出してきました。本作についても、もう一度手紙を使った作品を作りたいという思いから始まったそうです。

手紙へのこだわりを強く感じるね!SNS世代の人たちが、この作品を観てどんな感情を抱くのか…一般人としても気になるところかも

主題歌は女優・森七菜さん「カエルノウタ」作詞は岩井監督みずから執筆!

映画「ラストレター」の主題歌に選ばれたのは、森七菜(もり なな)さんが歌う「カエルノウタ」。本作で歌手デビューを飾りました。

主題歌決定にあたっては、多くのアーティスト候補が挙がる中「試しに」と歌った森七菜さんが、企画・プロデュースの川村氏の目にとまり抜擢されることとなりました。

企画・プロデュースの川村氏いわく「少年と少女の間をたゆたうような瑞々しさと、誰にも真似できない力強さがあった」とのお墨付き。

実際に聴いてみるとわかりますが、透明感と懐かしさのある優しい曲で、何度も聞きたくなる中毒性があります。映画との相性もバツグンなのではないかと思います。

尚、本楽曲は岩井監督が歌詞を、音楽担当の小林氏が作曲を手掛けています。

森七菜さんとは?

森七菜さんは、大分県出身・アーブル所属の女優です。中学3年生の夏休みに家族と出掛けた先でスカウトされ芸能活動を開始しました。これまで映画「心が叫びたがってるんだ。」「東京喰種トーキョーグール【S】」「地獄少女」などに出演。その他にも、数多くのテレビドラマ・広告出演し人気を博しています。

ロケ地は岩井監督の故郷・宮城県の仙台市&白石市

映画「ラストレター」の舞台は監督・岩井俊二氏が宮城県出身ということもあり、豪華俳優陣を引き連れ「仙台市」「白石市」など県内各地で2018年7月下旬〜8月末頃までに撮影が行われたそうです。

仙台市のロケ地

  • ホテルメトロポリタン仙台
  • 仙台駅東口
  • カフェモーツァルトアトリエ
  • 米ヶ袋遊歩道(広瀬川沿いの遊歩道)
  • 愛宕神社
  • 東一市場
  • 石巻港 津田鮮魚店(国分町の居酒屋)
  • 八木山南団地

白石市のロケ地

  • 白石城
  • 宮城県白石高校旧校舎
  • 沢端川
  • 武家屋敷
  • ふれiデッキ
  • 白石高校旧校舎近くのT字路
  • 文殊山 大聖寺

その他、刈田郡七ヶ宿町の滑津大滝などもロケ地に起用されたようです。宮城県へ観光の際は、ぜひともいくつか訪れてみたいですね!

エキストラ募集情報!映画「ラストレター」に出演できる?

本作はロケ地が宮城県ということもあり現地(に来れる方)で主なエキストラ募集が行われていたようです。現時点では残念ながら全て終了してしまっていますが、今後「エキストラをやってみたい!」という方もご参考にどうぞ。

せんだい・宮城フィルムコミッション

現在は撮影・エキストラ募集共に終了しています。

みんなの評価&評判・口コミ調査!美しい情景に優しさや温かさ、懐かしさを感じる1作

映画「ラストレター」は、2019年1月17日に初公開され、試写会も公開予定日ギリギリまで行われていました。インターネット上には続々と反響の声が上がっています。

特に多かった「良い口コミ」は…

「中年層が見ると、あの頃を思い出して色々切ない気持ちになる」

「ちょっぴり切ないけれど、優しくて心が温まる素晴らしい映画」

「love letterなど過去作のエッセンスを感じる”岩井俊二ファン”のための作品」

「あの頃好きだったあの人に手紙を書きたくなった」

「岩井監督の故郷に対する思いが改めて伝わってくる」

「広瀬すずちゃんがかわいい」

その反面、目立っていた「残念な口コミ」は…

「不倫か?とモラルにかられる場面があったし、誰にも共感できず感情移入しづらかった」

「情緒的でセンチメンタルな気持ちになる」

まとめると…

10〜20代の方が観ても十分に楽しめる映画ですが、30代以降の方が観るとあの頃を思い出してセンチメンタルな思いに浸れる、甘くほろ苦い、蜃気楼に溶けて消えていく夏の思い出のような作品。宛もないのに無性に手紙を書きたくなる衝動に駆られる。

ドラマチックで激しい展開があるわけではないので、そういったモノを恋愛映画に求めている方には的外れ。邦画ならではの映像が非常に美しい映画。岩井監督ファンはもれなく観るべき作品。

…といった評価&評判・口コミが見られました。

本作は近年の岩井監督作品の中でも”万人受けする”方の作品となっているようで、”心が暖かくなる”と言う感想はおおけれど、残念な口コミはほとんど見当たりませんでした。

ただ、大きな感動があるわけでもなさそうなので期待値は上げない方が無難。登場人物に感情移入するタイプではなく、物語そのものの雰囲気やそこにある温度を感じて楽しむタイプの作品と言えます。

岩井監督作品ファンの方や、あの頃の気持ちに浸りたい、切ないけれどどこか優しい恋愛映画を求めているといった方におすすめです。

ラストレターの公開前に観ておきたいおすすめ映画

ここでは、映画「ラストレター」の公開前に是非とも観ておきたい!おすすめ映画をピックアップしました。映画「ラストレター」をより楽しむための参考になれば幸いです。

むーたん
時間がある方はぜひ♪

Love Letter

1995年に公開の映画「Love Letter」 は、岩井俊二監督初の長編映画1作目です。手紙から始まる点や奇妙な文通など、映画「ラストレター」へと通ずる設定や切ない愛物語に終始、胸を熱くさせられます。

尚、2019年公開の映画「ラストレター」はこのLove Letterへのアンサー映画となっているとのことなので、先でも後でも、必ず観ておきたい一作。

スワロウテイル

“円”が世界で一番強かった頃…架空の日本の歴史を舞台とした岩井俊二監督作品です。青春・恋愛のイメージが強いのか、岩井監督ファンでも観たことがないという方が多い名作。

最初はどうにも違和感があるかもしれませんが、見れば見るほどのめり込んでいく強烈な世界観に感服すること間違いなし。

花とアリス

花とアリスと聞くと、キットカットを思い出す方もいるのではないでしょうか。当時コラボレーションしていて、花役の鈴木杏さんの可愛さにはキュンキュンさせられたものです。

幼なじみの初恋が、仲良しだった二人の関係を変化させていく物語は岩井俊二監督のセンスが光ります。

アリシア
まだあどけなさの残る少女だった、鈴木杏さんと蒼井優さんを観たい方はぜひ

Sponsored Links