新作映画

今度は峰不二子が主人公!モンキー・パンチ原作×小池健監督で贈る

映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」上映館・見所感想!シリーズ第3弾始動

映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」上映館・見所感想!シリーズ第3弾始動

Sponsored Links

むーたん
ふーじこちゃーんっ!!(これ一回言ってみたかったんだよね)
アリシア
小池監督、控えめに言って最高か!(グッ)

LUPIN THE IIIRDシリーズ最新作は、男女問わず孤高の人気を誇るあの“峰不二子ちゃん”が映画の主人公に!本作では、これまで明かされる事のなかった不二子ちゃんの“あんなとこ”や“こんなとこ”が見られるかも?

Sponsored Links

映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」概要・基本情報

映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」出典:原作:モンキー・パンチ ©TMS / LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘(より引用)

映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」は、小池健監督によるLUPIN THE IIIRDシリーズ「次元大介の墓標」「血煙の石川五ェ門」に次ぐ第3作目にあたる。本作では、ルパン三世のヒロイン・峰不二子にフューチャー。これまであまりお目に掛かる事のなかった本気のバトルシーンなどに注目です。

【あらすじ】峰不二子は逃げていた。とある“秘密”を抱え。ただただ、逃げていた。彼女が命を懸けて守ろうとしたモノ、それは…。

作品名 LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘
公開年月 2019年5月31日
監督 小池 健
原作 モンキー・パンチ
脚本 高橋 悠也
出演者 栗田 貫一 / 小林 清志 / 沢城 みゆき / 宮野 真守 / 半場 友恵
音楽 ジェイムス下地

予告を観た感想と軽く考察。ハードボイルド版ルパン三世“お色気担当”に全大人が歓喜!

まず第一声に「やはり来たか…」と。

そりゃそうだよね。前作で次元が来て、五ェ門が来たなら次は当然…ふーじこちゃーんっ!!!だよね。(キリッ)

映画公開発表を聞いて、筆者以外にも胸のトキメキが止まらなくなったファンの方、多いのでは?もう予告を観ずとも劇場ダッシュ確定。(いや観たけども。モチのロンだよ。)

気になる予告の内容ですが、もうね、不二子ちゃんの声が可愛いんだこれが。絵のタッチも相変わらず筆者は好きです。(ルパン三世は好きだけど、イラストが苦手という人もいるよね)

そして不二子ちゃん、冒頭からまたなんか厄介ごと引き受けてるっぽい?なんかよく分からない少年と逃げまくってるし…(チクショウ羨ましいな少年)バトルシーンもあってなんだか新鮮。

不二子ちゃんと言えば、いつも気づいたらターゲット(敵)の懐に上手く潜り込んでて、後からやって来たルパンを何だかんだお色気でタラし込んだら、最後にはしっかりお宝と共に消えて行くのが毎度の十八番ですよね。

そんな彼女なので、本当はどんな女性なのか?いつもどんな風に生き、戦っているのか?詳しいところは分かりませんよね。まぁ、秘密があって謎めいているところが魅力でもあるのですが、本作ではこれまでにない不二子ちゃんの姿を見られそうでドキドキしちゃいます。

凛としていて美しく気高い。だけど、その強さの中にもどこか危ういところがあって、ついつい守ってあげたくなっちゃう不二子ちゃん。大好きな彼女の為に、ルパンがどのように立ち回ってくるのかも楽しみです。

敵キャラもなんだイケメンか。でも爪で切り裂くって…美女が野獣に襲われる感あって最高に良いですね?(※変態ではありません)

余談ですが、不二子ちゃんが大好き過ぎて彼女のためなら火の中海の中という(変)人は、TVアニメシリーズ「LUPIN the Third -峰不二子という女-」もおすすめです。

むーたん
ルパンと不二子ちゃんの馴れ初めを映画で観てみたいけど、そこは期待薄かな…

キャスト紹介「宮野真守」が敵の殺し屋役に挑戦

キャスト紹介「宮野真守」が敵の殺し屋役に挑戦

本作の主役・峰不二子の声を演じるのは、これまでも同役で活躍されてきた声優・沢城みゆき(さわしろ みゆき)さん。大人気TVアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の主人公・鬼太郎役も任されている大ベテランで、今年(2019年)公開予定の映画「HUMAN LOST 人間失格」にも出演(声)しています。

また、本作で麗しき峰不二を追い詰めるオリジナルキャラクター、敵役・ビンカムを演じるのは、声優・俳優業などで活躍する宮野真守(みやの まもる)さん。代表作は「DEATH NOTE(夜神月役)」、「機動戦士ガンダム00」など。

その他、人気TVアニメ「文豪ストレイドッグス DEAD APPL」に太宰治役として出演し、沢城みゆきさんと同じく、今年(2019年)公開予定の映画「HUMAN LOST 人間失格」にも出演(声)。ファン層以外からも非常に人気の高い声優さんです。

そしてお馴染み、ルパン三世の声を栗田貫一(くりはら よしき)さん、次元大介の声を小林清志(こばやし きよし)さんが演じます。

みんなの評価&評判は?美しく妖艶、冷血で優しい、気高くか弱い、その魅力に…

映画「LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘」の評価&評判については、「想像以上に峰不二子」「伏線にワクワクさせられた」「エロかっこいい」「ハードボイルドなのが最高」などの口コミが多数見受けられました。

反対に「脚本が微妙だった」「セリフが説明くさい」といった冷静な意見もありましたが、いずれも「ルパンだから次も観る」と締め括られており、そこはさすが、不動の人気を誇る“ルパン三世”シリーズなだけある、といったところ。

さらに、「前作の方が良かった」「前作より良かった」と、意見が分かれるケースも見られました。LUPIN THE IIIRDシリーズは、登場人物に合わせて映画の雰囲気や方向性が変化するので、そこで好みが分かれるのかもしれませんね。

見所(みどころ)は此処だ!“峰不二子という女”の全て、そして翻弄される男たち。

見所(みどころ)は此処だ!“峰不二子という女”の全て、そして翻弄される男たち。

本作の見どころは、「何故、男たちは峰不二子という“毒”にまんまとやられてしまうのか?」そして「峰不二子は何のために危険を冒すのか?」峰不二子の“真髄”に触れる事ができる点でしょう。

  1. 峰不二子の人間性が分かる。強い女の理想系が詰まったストーリー
  2. その魅力には敵も味方も抗えない。翻弄される男たち
  3. これが美しい女の戦い方。バトルシーン&お色気シーン
  4. 完璧な人間なんていない。弱点さえも愛おしい峰不二子。すかさずルパン。
  5. 一々カッコイイ!ハードボイルドな大人たちの仕草に注目

男も女も憧れる理想の女・峰不二子の生態系がこの一作にまとめられているのかと思うと胸アツですね。あなたもまんまと不二子ちゃんに騙されるかも?

映画の感想と批評(レビュー)【満足度4 ★★★★☆】

映画の感想と批評(レビュー)【満足度4 ★★★★☆】

思えば、筆者はすっかり忘れていた。彼女が高級な猫の毛皮を被った“悪女”であるという事を…。

嗚呼、やられた。ルパンがメロメロ?いやいや、もうこっちまで完全に翻弄されていた。というか、こんなの騙されない男がいるのだろうか?いや、むしろ不二子ちゃん相手なら騙されると分かって騙されたい男しかいないか。(って、美女に騙されて嬉しいとかドMかお前ら。同志。)

口コミでは賛否あったストーリー、前半は割と淡々と進展していくのでかなり油断してしまうと思います。しかし後半に差し掛かると、それまでの静けさを打ち砕くかのように、怒涛の勢いで全てのシーンが展開し始め、伏線もバッチリ回収されていくのがなんとも爽快。

そして、持てる全ての武器を最大限に駆使して目の前の敵に立ち向かう、峰不二子のなんたる美しさよ。これには惚れない方がおかしい。ただただ、カッコイイ。そしてエロい。

最早この世界は峰不二子を中心に回っているのではないか。そう感じさせる程、完全なる“峰不二子ワールド”がそこにあった。ファンが求める峰不二子像という欲求に、こうも完璧に答えてみせるとは。

あとは、“ボス”が「あー。これアイツじゃん!アイツでしょ!名前…忘れたけど!!」って身悶えできたのが楽しかった。これルパン好きな人なら分かる。なるほど、物語はどこまでも続いていくわけだ。点と点は繋がって線になる。まさにそういう伏線が仕込まれています。

ただ本作、やはりこれまでのLUPIN THE IIIRDシリーズ(過去2作品)を観ていた方が分かりやすいと思います。ので、まだ過去作を観た事がない方は、余裕があれば過去作も観られることをおすすめしておきます。(勿論、過去作を観ていなくても大丈夫!)

続く次回作は、遂にあの人か…これこそ新鮮味がある気が。楽しみに待ちたいと思います♪

アリシア
モンキー・パンチ先生、万歳!

Sponsored Links