新作映画

本国フランス動員数200万!映画「最強のふたり」に続く話題作

映画「パリ、嘘つきな恋」試写会評価や感想は?デュボスク初監督ラブコメ

映画「パリ、嘘つきな恋」試写会評価や感想は?デュボスク初監督ラブコメ

Sponsored Links

むーたん
あ、これは女子必見だね。デートにも良いのでは?
アリシア
フランスのラブコメってレベル高いよね〜!

あなたは今年、恋愛映画を観ましたか?これから熱〜い夏もやって来るし、好きな人がいる人もいない人も、この辺りで一つ、恋愛大国フランスで大ヒット中の映画「パリ、嘘つきな恋」を観に行ってみるのはいかがでしょう。

男性も女性も一緒に楽しめそうな大人のラブストーリーの予感…!

Sponsored Links

映画「パリ、嘘つきな恋」概要・基本情報

映画「パリ、嘘つきな恋」出典:(C)2018 Gaumont / La Boetie Films / TF1 Films Production / Pour Toi Public / パリ、嘘つきな恋(より引用)

世界中で大ヒットした映画「最強のふたり」を生み出した大手映画制作会社ゴーモンが手がける、トンデモナイ恋愛コメディ映画「パリ、嘘つきな恋」。フランスの大人気コメディアン、フランク・デュボスクが、監督・脚本・主演と1人3役の大役を務めます。

【あらすじ】お金持ちで容姿端麗、いつでもどこでも“モテる”彼は女遊びまっしぐら。そんな彼がついた、たった一つの「嘘」がトンデモナイ出来事の始まりに…!?

作品名 パリ、嘘つきな恋
公開年月 2019年5月24日
監督 フランク・デュボスク
脚本 フランク・デュボスク
出演者 フランク・デュボスク / アレクサンドラ・ラミー / ジェラール・ダルモン / エルザ・ジルベルスタイン / キャロライン・アングラード / ローラン・バトー / フランソワ=グザビエ・ドゥメゾン / クロード・ブラッスール
衣装 イザベル・マチュー
編集 サミュエル・ダニシ
制作国 フランス
配給 松竹

予告を観た感想と軽く考察。無知から来る愚かさも愛があれば形が変わる

パッと見の雰囲気からは、“THE・おフランスな王道を行くラブコメディ”といった印象を受ける本作ですが、「障害」をテーマとしている点に、よくあるラブコメと一風異なる新しさを感じます。

どうしても重くなりがちな「障害」という難しいテーマを取扱いながらも、登場人物は皆とても明るく、ストーリーにはキラリと光るユーモアが。「本物の恋」は「障害」という“壁”すら超えていくのだ。と教えられている様な、監督・主演フランク・デュボスクンさんの熱い思いが、予告動画からヒシヒシと伝わってきました。

全体のストーリーについては、テーマからして軽はずみな内容にはなっていないでしょう。フランス映画のラブコメの特徴として、展開が読みやすい点が挙げられますが、本作は分かりやすい王道でありながら、障害という観点から恋の素晴らしさを描いた、味のあるストーリーに仕上がっているのでは無いかと予測します。

この手の映画は、日本映画に多い甘〜いラブコメとは異なり、男性も女性も一緒に楽しめる大人なラブコメだと思いますので、せっかくなら気になるお相手も誘って、一緒に観に行くのも良さそうですね。女の子同士で観て盛り上がるのも楽しそう♪

アリシア
く…一緒に観に行ってくれるイケメン募集しますっ
むーたん
ちょっ、あーたん!ぼ、僕これでもウサギ業界ではdrftgyふじこlp…

キャスト紹介!主演はフランスの大人気コメディアン「フランク・デュボスク」

キャスト紹介!主演はフランスの大人気コメディアン「フランク・デュボスク」

フランスで人気…と言われても、日本にはあまり情報が流れて来ないので「知らないよー」という方も多いのではないでしょうか?

本作「パリ、嘘つきな恋」にて、監督&脚本&主演の3役を務める「フランク・デュボスク」さんは、ワンマンショーで一躍有名となった、今フランス庶民の間で大人気の売れっ子コメディアンなのだとか。

そんな彼が挑戦する“初の長編映画監督作品”の、気になるキャストをご紹介します。

ジョスラン:フランク・デュボスク

ジョスランを演じるのは、フランスの国民的スター/コメディアンのフランク・デュボスクさん。代表作「Camping」「DISCO」など。本作「パリ、嘘つきな恋」では脚本&主演、そして初の長編映画監督を務めます。

フロランス:アレクサンドラ・ラミー

フロランスを演じるのは、女優のアレクサンドラ・ラミーさん。代表作「Un gars, une fille」「Ricky リッキー」「プレイヤー」など。本作出演後、フランスの優れた芸術作品に贈られる「クリスタル・グローブ賞主演女優賞(コメディ部門)」を受賞。

ジュリー:キャロライン・アングラード

ジュリーを演じるのは、女優のキャロライン・アングラードさん。代表作は「パレ・ロワイヤル」。また、アメリカ女優ミーガン・フォックスさんのフランス語吹替を務めるなど多方面で活躍されています。

マリー:エルザ・ジルベルスタイン

マリーを演じるのは、女優のエルザ・ジルベルスタインさん。代表作「リトル・エルサレム」「ずっとあなたを愛してる」「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲」など。映画「Bel Canto」にて日本俳優・渡辺謙さんとの共演経験も。

マックス:ジェラール・ダルモン

マックスを演じるのは、俳優/歌手として活躍するジェラール・ダルモンさん。代表作「ディーバ」「マリア・カラス 最後の恋」など。映画「ベティ・ブルー」では、セザール賞助演男優賞にノミネートされています。

試写会での評価/レビューは?フランスでは動員数200万人を超える大ヒット!

試写会での評価/レビューは?フランスでは動員数200万人を超える大ヒット!

やっぱり気になる、本作の評価とレビュー。恋愛大国でもある本国フランスでは、映画「パリ、嘘つきな恋」が、フランク・デュボスク初監督作品でありながらも公開後即、第1位を獲得し更に5週連続トップ10入りと、異例の大ヒットを記録したそうです。

これだけ聞くと非常に期待感を高められます…がしかし、これはフランスでおける人気コメディアン/フランク・デュボスクさんの知名度と、世界的大ヒット作となった映画「最強のふたり」の追い風を受けた結果とも言えるでしょう。

恋愛大国の皆さんのお墨付きとは言え、安直に期待値上げて観に行くにはまだ不安要素有りですね。そこでもう一つ確認しておきたいのが、試写会に参加された日本の皆さんの評価/レビューですが…

「笑える」「感動する」「前向きな姿に尊敬」など、どうやら本国フランスと同様に高評価多めのご様子。これなら本作を観ようか迷っているという方も、安心して映画を観に行けそうですね。パリの美しい景色も魅力的に映し出されている様で…フランス好き女子にも必見かも!?

見所(みどころ)予測。恋愛ドラマを通して様々な“壁”を考えさせられる映画

見所(みどころ)予測。恋愛ドラマを通して様々な“壁”を考えさせられる映画

本作の撮影においては「障害」がテーマという事もあり、車椅子生活やテニスにバイオリンなど、一から練習が必要なモノばかりだったとか。限られた時間の中で多くを学び演じなければならないなんて…女優アレクサンドラ・ラミーさん等キャスト陣の凄まじい努力を感じますね。

特に監督・脚本・主演と1人3役をこなしたフランク・デュボスクさんと女優アレクサンドラ・ラミーさんお二人の車椅子姿には注目したいところです。

  1. 「障害」の偏見や無知、人間の「嘘」、「男」と「女」など“壁”を感じるシーン
  2. これまでと異なる世界に触れ、人間的に変わっていく主人公の姿
  3. 恋によって「障害」の存在を忘れていく主人公とヒロインの成長
  4. フランス映画らしいオシャレな大人のラブ・ストーリー
  5. 笑いも忘れない!テンポ良くやってくるコミカル・シーン

日本には無い社会的で大人なラブコメがやって来る!フランス映画初心者も必見

日本には無い社会的で大人なラブコメがやって来る!フランス映画初心者も必見

筆者の個人的な見解ですが、フランス映画の良い点は日本の恋愛モノにはあまり見ない、現実の「社会的視点」が含まれているところではないかと思います。

勿論、作品によりけりな所はありますが、ただ熱い恋愛を描くのではなく、それを超えて、観てくれた人それぞれに「社会的意義を見出してもらおうとしている作品」が多い印象です。

本作についても、実社会で差別対象とされがちな「障害」というテーマを取り扱っており、男女の複雑な関係だけでなく、障害者の視点や、そこから来る人間関係/模様を、一つの作品にされている点が伺えます。

予告を見た限り、日本のラブコメが苦手な方や、これまでフランス映画を食わず嫌いしてきたという方にも、最初の入口として悪くなさそう。

2019年、まだ恋愛映画を観ていないなら、本作を観に映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか♪

Sponsored Links