エンタメ

ジェンダー世代の性自認【第三の性】あなたは男?女?それとも…

ノンバイナリーとは?宇多田ヒカルも公言!LGBTQ+第三の性

ノンバイナリーとは?宇多田ヒカルも公言!LGBTQ+第三の性
むーたん
最近は自分の「性の在り方」を考える人が増えたね〜♪
アリシア
ヒッキーも、ずっと自分の性に悩んでいたのかな…

日本の国民的シンガーソングライターの宇多田ヒカルさんは、インスタグラムのライブ配信にて自身が「ノンバイナリー」であることをカミングアウトしました(2021年6月)。

近年、若者世代を中心にその存在が明らかとなっているノンバイナリーは、まだ日本での認知度が低く、LGBTのBとT(バイセクシュアル、トランスジェンダー)と混同されがちです。そんなノンバイナリーについて、今回はご紹介させていただきます。

Sponsored Links

ノンバイナリーとは?自分の性に対する考え方

ノンバイナリー(nonbinary gender)とは、自分の性認識が男女という典型的な二分法(バイナリー)の、どちらにも当てはまらない方全般を指したものです。

いわゆる「第三の性」と呼ばれるクィアやXジェンダー、ジェンダー・オーサムと似た概念を持っており(厳密には異なる)、性別を固定しない立場をとる人々はノンバイナリーと称されます。

またノンバイナリーの中には、例えば「女性に生まれたけど、自分は男の時も女の時もあるし、どちらでもない時もある」といった、ジェンダーフルイド(自身のジェンダー定義が流動的で、その時々によって性自認が変わる)の考え方も含まれています。

上記のように、ノンバイナリーには似た言葉・表現が多く非常に混乱しやすいのですが、実際のところは用語の意味も捉え方も、人によって変わるので、相手のの考えを尊重する姿勢が、なによりも大切だと言えるでしょう。

ノンバイナリーとトランスジェンダー、バイセクシュアルの違い

まだまだ認知の浅いノンバイナリーは、生まれた性別とは異なる性自認を持つ「トランスジェンダー(LGBTのT)」や、男女どちらにも性愛感情が向く「バイセクシュアル(LGBTのB)」と混同されることがあります。

しかし、この3つには大きく異なる点があるため、安易な混同は避けた方がよいでしょう。それは「性自認」と「性的指向」に対する考え方です。

まず性自認において、ノンバイナリーは「自分の性別を定義していない」ものですが、トランスジェンダーは「男女どちらかの性を強く認識している」方が多いです。

そして性的指向においては、バイセクシュアルが「男女どちらにも性愛感情を持つことができる」のに対し、ノンバイナリーは「必ずしも男女両方が性愛の対象になるわけではない」という違いがあります。

話題となった宇多田ヒカルさんも過去に2度結婚していますが、いずれもお相手は男性です。

ノンバイナリーは、主に「自身の性自認」に対する考え方を強く示した概念の1つと言えますね。

世界的認知が進む「LGBTQ+」と私たちにできること

今でこそ日本でも世間的に認知されているLGBT。今回ご紹介したノンバイナリーのように、世界にはLGBT以外の、さまざまなセクシャリティー(アセクシュアル、Xジェンダーなど)が存在しています。

そのため、近年では「クィア(性的少数者の総称)」「クエスチョニング(性自認や性的指向が定まっていない人」の頭文字「Q」や、その他のセクシュアルマイノリティを示す「+」をつけた「LGBTQ+」という、新しい表記が浸透しつつあります。

しかし、こうした性的指向をよく思わない「性による摩擦・差別」は、異性愛者…いわゆる一般的なセクシュアリティをはじめとし、同じLGBTQ+である者同士の間でも起きているのが現状です。

性的指向に対し垣根のない「人によって性の捉え方や考え方も違うこと」が、当たり前の世の中を実現していくためには、私たち一人ひとりが、このLGBTQ+がどういった存在なのか?を、まずは正しく(色眼鏡をかけず)知る必要があると言えるでしょう。

むーたん
性的指向に限らず、相手の考えに耳をかたむけ歩み寄ることは大事だよね
アリシア
自分と違う考えを理解するのは大変だけど、分かり合えたら嬉しいもんね!

Sponsored Links