新作映画

カンヌ映画祭上映作品・少年視点で観る幸福な家族が辿る”末路”

俳優ポール・ダノ初監督!映画ワイルドライフ予告あらすじ見所は?

俳優ポール・ダノ初監督!映画ワイルドライフ予告あらすじ見所は?

Sponsored Links

むーたん
俳優ポール・ダノさんの初監督作作品だって!
アリシア
サンダンス映画祭やカンヌ映画祭で上映され、批評家からも絶賛されたみたいだね。

2018年、サンダンス映画祭にて世界初公開、カンヌ映画祭・トロント国際映画祭・ニューヨーク映画祭など様々な映画祭で上映が行われ、批評家及び観客から高評価を獲得している映画「ワイルドライフ」の日本公開が決定!気になる予告や見どころ情報をお届けします。

Sponsored Links

映画「ワイルドライフ」概要・基本情報

映画「ワイルドライフ」出典:(C)2018 WILDLIFE 2016,LLC. / ワイルドライフ(より引用)

本作は、映画「スイス・アーミー・マン」などの個性派俳優ポール・ダノが初監督を務め、とある家族関係の変貌を描いた人間ドラマです。主演キャスト(夫婦役)を、映画「ドライヴ」のキャリー・マリガンと映画「ナイトクローラー」のジェイク・ギレンホールが演じます。

【あらすじ】仲の良い夫婦ジェリーとジャネットと少年ジョーは、慎ましくも幸せな毎日を送っていました。しかし彼らは“その日”、予想だにしない人生の岐路に立たされ…

作品名 ワイルドライフ
公開年月 2019年7月5日
監督 ポール・ダノ
原作 リチャード・フォード「Wildlife」
脚本 ポール・ダノ / ゾーイ・カザン
製作 オーレン・ムーヴァーマン / ジェイク・ギレンホール / リヴァ・マーカー / アン・ルアク / アレックス・サックス / アンドリュー・ダンカン
出演者 キャリー・マリガン / ジェイク・ギレンホール / エド・オクセンボールド / ビル・キャンプ
音楽 デヴィッド・ラング
製作会社 ジューン・ピクチャーズ / ナイン・ストーリーズ・プロダクションズ
配給 キノフィルムズ

予告を観た感想と軽く考察。これは“どの家庭にでも起こり得る”物語

家族の関係って、簡単なようで実は複雑で難しい事も多いですよね。それは日本だけでなく、世界に共通する問題のご様子。「こういう昼ドラあるよな〜」と、予告を観ていて思ってしまいました。苦笑

1960年代が舞台という事で、映像はどこを観ても味を感じます。ノスタルジックな雰囲気が好きな方も多いのではないでしょうか。

ストーリーについては考察するまでもなく、かなり分かりやすい内容だと思われます。シンプルなテーマ故に、演出や演技に深みが求められそうですが、そこは流石といったところですかね。主演のキャリー・マリガンさんやジェイク・ギレンホールさんはじめ、豪華キャストが勢揃いしています。

本作は個性派俳優として有名なポール・ダノさんが初めてメガホンを取った作品との事で、筆者も一度観て見たいと考えています。因みに代表作は「ナイト&デイ」「それでも夜は明ける」「オクジャ/okja」などがあります。ご存知方もいらっしゃるのでは?

さらに脚本・製作は、ポール・ダノさん自身のパートナーである、女優ゾーイ・カザンさんと手掛けたそうです。お二人にはお子さんもいらっしゃるとの話ですが、夫婦でこうした映画を作るというのは、一体どういう気持ちなのか…無駄に勘ぐってしまいますね。

この手のテーマの映画は、観ると精神力を使うタイプの人も多そうですが、ポール・ダノ初監督作品で海外の評価も悪くないので、期待せざるを得ないところですね。

アリシア
1960年代の雰囲気と、ズンと来るセリフにはセンスを感じる!

W主演キャリー・マリガン&ジェイク・ギレンホール、その他キャストも豪華!

W主演キャリー・マリガン&ジェイク・ギレンホール、その他キャストも豪華!

本作で主演・ジェリー役を演じるのは、これまでアカデミー賞主演女優賞、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞ノミネートなど、数多くの受賞経歴を持つ、女優キャリー・マリガンさん。

代表作「17歳の肖像」「未来を花束にして」「ウォール・ストリート」「わたしを離さないで」など、多くの話題作への出演している若手・実力派女優です。

そして、同じく主演・ジャネット役を演じるのは、俳優ジェイク・ギレンホールさん。代表作「シティ・スリッカーズ」「ナイトクローラー」「プリズナーズ」「オクジャ/okja」など。オファーが絶えない人気俳優の一人で、本作と同日公開予定の映画「ゴールデン・リバー」にも出演しています。

その他にも、映画「JULIAN」「ペーパー・プレーンズ」といった作品で数々の受賞をした、実力派俳優エド・オクセンボールドさん(少年ジョー役)や、映画「パブリック・エネミーズ」「それでも夜は明ける」など、数々の作品に出演してきた名バイプレイヤー・俳優のビル・キャンプさん(ミラー役)ら、豪華キャスト陣が登場します。

見所(みどころ)世界観が哀愁を加速させる、大人と子供の心理描写に注目

見所(みどころ)世界観が哀愁を加速させる、大人と子供の心理描写に注目

見どころは、1960年代の生活や街並みが反映されたシネマトグラフィー(映画撮影術)と、子供の視点から見た家族という存在。この2点が中心になるのではないかと思われます。

  1. キッカケ1つ、ありふれた家族の変貌
  2. 時代を感じる美しいシネマトグラフィー
  3. 家族とは?大人の責任とは?変われない大人たちの姿
  4. 傷つきながらも強くなっていく少年ジョーの姿
  5. 少年ジョー&第三者視点で見る家族の行く末

日本でも近年は様々な家庭問題が増えていますし、きっと彼らの状況が心に響く方も多いのではないでしょうか。

Sponsored Links